下痢・軟便に悩む方の 87%が実感した驚異的なサプリ「黒梅日和」



87%が効果を実感!下痢の根本対策には『黒梅日和』


大人気トーク番組「アメトーーク!」でも特集され、
国内で2,300,000人を苦しめる根深いお悩み…
それが「下痢・軟便」。




そんな下痢・軟便に悩む方の
87%が実感した驚異的なサプリ「黒梅日和」




このイラストでもあるように、
男性に多いですよね。

私の主人も万年下痢・軟便です

なにかいいものはないかと探しておりましたところ、
この「黒梅日和」に出会いました




そもそもどうして下痢が起こるかといいますと
(食あたりなどの急性のものではなく常に下痢・軟便)


下痢が続く原因の一つに、腸内環境の悪さ
挙げられます。



腸内環境は悪くなると、

消化吸収が上手くいかなくなり、
腸内は荒れ、下痢が続く原因になってしまうと
言われています。


私の主人も
毎日下痢をしている、食べると下痢をするなど
かわいそうに、トイレによく
こもっております。

そして、そんな悪い腸内環境でつくられたウ○チは
とても、ニオイがきついですよね・・・・

『黒梅日和』は、
そもそも下痢にならない身体へ導くサプリ。

1日5粒を水で飲むだけでOK。



この「黒梅日和」を販売している会社ってどういう会社?
下痢の原因とは・・・



この「黒梅日和」は、下痢・軟便を治す薬ではなく、
下痢・軟便を起こさないような体にしましょうという
サプリメントです。




先ほどのページでも、下痢軟・便腸を改善するには
内環境を整えましょうとありましたが、
食習慣の乱れからも、腸内環境は悪くなります。

食生活を改善して、適度な運動もして
そうすれば、腸内環境は間違いなく良くなり
下痢・軟便も改善されますが

忙しい私たち、(うちの主人や男性陣も)には
なかなかそれが難しいですよね





なので、「黒梅日和」でサポートしましょう。


・梅肉エキス(紀州梅)
強力なリフレッシュ作用をもち、
乱れた身体環境を整えてくれます。
快適な日常生活には欠かせない成分です。
その他の健康効果
   ・インフルエンザ予防、痛風予防・結石予防
   ・血圧安定・血流改善作用・
   ・胃腸の活性化作用・ピロリ菌の殺菌作用
   ・疲労回復・美容効果・活性酸素消去作用
   ・抗ストレス作用・カルシウムの吸収率アップ
   ・肝臓の保護強化など




・紫ウコン(沖縄)
身体を活発にして、身体環境を正常に導きます。
また、いつくるか分からない悩みを
内側から防ぐ作用があります。
その他の健康効果
   ・血液をキレイにする
   ・抗酸化作用
   ・排毒作用
   ・腹痛、下痢、消化不良、胃衰弱、糖尿病、高血圧、慢性膵炎、胆嚢炎、
    肝臓病、腎臓病、尿道結石、ぜんそく   
       鼻炎、慢性関節リウマチ




・アロニアエキス
バナナの約6倍もの食物繊維が含まれているので、
快適な身体環境作りに役立ちます
その他の健康効果
  ・視機能を改善する効果
  ・生活習慣病の予防・改善効果
  ・老化を防ぐ効果
  ・腸内環境を整える効果
  ・ダイエット効果



身体の内側をリフレッシュして正常化する
紀州産梅肉エキス、沖縄産ガジュツ末(紫ウコン)、
アロニアエキスを黄金比率で配合しています。


腸内善玉菌を増やすことによって、腸内環境が整います



腸内環境を整える役割を担っているのは
腸内善玉菌です。

善玉菌が多ければ多いほど腸内は健康です。
もちろん下痢にもなりません。


腸内細菌は下痢の改善だけでなく
健康にも密接に関係していますよ。



腸内細菌の主な働き


1.蛋白質や糖分を分解したり、人間の臓器では決して消化できない
繊維質を分解し、消化吸収を助ける

2.コレステロールや中性脂肪の新陳代謝に影響を与え、
血液中の脂肪やコレステロールの量や、
血糖値を適正な数値にコントロールする

3.腸内細胞を作りだす酸(乳酸菌など)は腸内PHを酸性にします。
その刺激により腸内のぜん動運動が促進され、
消化活動が活発になる

4. 病原菌や腐敗菌の増殖を抑制し、
有害物質を作り出したり、吸収したりすることを抑える

5.腸内細菌が免疫を刺激することによって、免疫が活性化される

6.腸内細菌は感染予防をする

7.腸内でビタミン類をつくる

8.血液がきれいになり、血流が良くなる

9.腸内のメンテナンスをするので腸内環境がよくなる

10.水分調節機能が正常となる






87%が効果を実感!下痢の根本対策には『黒梅日和』

下痢とは・・・


下痢とは、便の水分含有量が増加して、
軟便や水様便をきたすようになった状態
のことをいいます。

通常の便の水分含量は70〜80%で、
一般的に、便中の水分が80%以上になると
軟便となって下痢が起こり、
90%を越えると水様便になるとされています。
排便回数の増加する事が多く、また腹痛を伴うこともあります。

下痢は大きく3つのタイプに分けられます。


運動異常による下痢
小腸や大腸の運動が活発になり過ぎ、
腸管の内容物の水分が十分吸収されないうちに通過してしまう
場合に起こります。


吸収不良による下痢
腸管の水分吸収能が低下し、
腸管の内容物の水分量が増加することによります。


分泌亢進による下痢
胃液、膵液、小腸液などの分泌液が著しく
増加することによります。



このほかにも、細菌、毒素、ウイルス、薬剤、病気
などにより下痢の症状が起こります。

急性下痢は細菌やウイルスなどの感染によるものがほとんどです。




急性下痢

細菌やウイルスなどの感染によるものがほとんどです。
最近、テレビでお公になった生レバーの問題も
記憶に新しいですね。
この生肉やレバ刺しなどで問題になった病原性大腸菌に
代表される強毒性の細菌感染は、
生命にかかわる場合もあり、
十分な注意が必要です。
そのような場合は、
病院で速やかに治療を始める必要があります。


ウイルス性の場合、
吐き気やおう吐を伴う場合も多く、
発熱や腹痛、頭痛やのどの痛みが起こる
こともあります。
ただ、急性期を過ぎ回復すると治癒し、
一時的な下痢で、その後の治療は必要ありません。




慢性の下痢

3週間以上にわたって続く下痢で、
ほとんどは非感染性です。
意外にこのような悩みを抱えていらしゃる方は
多いのかと思います。

慢性の下痢は、消化器とくに小腸や大腸の病気によって発症します。
腹痛を伴う場合が多いのですが、病気によっては、血便、粘血便、
頭痛などを伴う場合もあります。
また、吸収不良症候群などの場合もあります。



下痢止めの服用について・・・

下痢は、病原体を身体から排出しようとする
ひとつの防衛反応です。


なんと、下痢に対して下痢止めを使用しても、
治療期間は変わらないとの報告が多く、
病原体を腸管内に停留させる欠点もあるため、
強い下痢止めは使わない方が良いそうです。


病原体を外に出すために下痢が起こっている
ことがあることから
下痢は止めない方が回復を早め、
下痢を止めずに、脱水にならない様に
水分補給に努めることのほうが大切
のようです。



食中毒の場合のように血便を伴うときは
下痢止めは使用してはいけないのですが、
体力を消耗したり脱水症状などの危険な状態を招く
こともあるため、
市販薬を上手に利用することも大事なことだそうです。
下痢止めの使用はよく考えた方がいいようですね。